クイック矯正の費用っていくらかかるの?という疑問を解決!

ホーム>クイック矯正の質問

クイック矯正の質問

医院情報の関連キーワード
歯並びの質問一般矯正の質問保険・保険外の質問その他の質問

クイック矯正について

クイック矯正についてのよくある質問集です。
わからないことがあれば、ご参考になさってください。

  • 短期間で歯並びを治す「クイック矯正」って何ですか?
    • クイック矯正はシェイプインテグレーション法、セラミック矯正などという言い方もされます。
      歯を削りその上に人工的に製作した歯を被せることで、部分的に歯並びを改善する治療で、厚生省の定める一般的な歯科矯正治療とは異なります。歯科矯正治療は歯の表側または裏側に装置を装着したりマウスピースなどを使用して、顎骨に埋まっている歯を歯根ごと動かして歯並びを治す治療ですが、クイック矯正は、歯の生えている位置は変えず、歯茎より上の見える部分のみの向きや形を変えることで歯並びを治す治療です。そのため、全ての症例が治療可能ではありません。
      歯列矯正をしたいけれど、あの装置をつけたくない、期間がかかるので短時間で治す方法はないかという方、完璧に歯並びが揃わなくても少しでも見た目が良くなれば、治療費も治療期間も少なくて済むクイック矯正が良いと思われる方は、一度ご相談をしてみてください。

      クイック矯正の欠点
      ・歯を削る必要があります。
      ・神経の治療が必要となる症例がほとんどです。
      ・全ての症例が理想の形や歯並びにはなりません。治療ができない場合もあります。
      ・治療中、仮歯になる期間があり、違和感や取れやすいなどの支障がある場合があります。
      ・被せものが割れたり外れることがあります。
      ・大きく角度を変える場合は、強度が弱くなりますのでご注意ください。
      ・急激に歯並びが変わるため、生活での違和感や発音障害が生じることがあります。

  • クイック矯正とはさし歯のこと?
    • 差し歯とは、歯の根だけが残った状態の歯に土台を差しこみ、その上に被せものをしたものです。
      クイック矯正は、ご自分の歯に被せものをすることで歯並びを改善する治療で、大きく方向を変える場合は、神経の治療をし、その歯の根に方向を変えた土台を入れ、その上に被せものをします。

  • キャンペーンやモニターとは?
    • キャンペーンは月ごとや期間限定、治療内容限定などで行うサービスで、治療費の割引や付加価値などがあります。
      通常、モニターとは、治療を受けるにあたり依頼を受け、内容等に感想や意見を述べることで、場合によってはその内容等を公開することもあります。
      ただし、それぞれの内容や条件は医院によって異なりますので、医院へ直接お問い合わせください。

  • クイック矯正で携帯メール相談できますか?
    • メール相談を受け付けている医院はあります。ご希望の歯科医院にお問い合わせください。
      通常メール相談は、医院ではPCで受診していることが多く、返信もPCから送られてくることがほとんどですので、受診する携帯の受信拒否設定を確認してください。

  • クイック矯正で出っ歯は治りますか?
    • 噛み合わせや全体の歯並びによって差はありますが、ほとんどの場合ある程度は治すことができます。
      噛み合う下の歯も出ていたり、両隣の歯の間のスペースが少なく内側に入れられない場合は、影響している歯も一緒に治すことで、並ぶ場合もあります。
      しかし、限界はありますので、どの程度ご希望に近い歯並びなるか、良くご相談のうえ治療をしてください。

  • クイック矯正って痛いの?
    • 麻酔をする場合があります。
      神経の治療でまれに痛みを生じることがあります。
      歯を削るときの歯や歯茎への刺激を痛みと感じる場合があります。
      神経のある歯は、治療の内容によってはしみることがあります。

  • クイック矯正と一般矯正はどちらがいいの?
    • 顎の成長から来るものや上下のあご全体のかみ合わせから変えたい、上下の正中の位置から全体にバランス良く綺麗に並べたいなどの場合は、一般矯正が向いてます。
      一般の矯正治療は期間がかかるため、今よりも少しでも良くなるのであれば、一部分を短時間で治したいという方は、クイック矯正のご相談をしてみてください。しかし、クイック矯正は希望通りにならない場合もあります。
      また、一般の矯正は歯を抜く必要、クイック矯正は神経の治療が必要となることが多くありますので、どちらが良いかは、両方のカウンセリングを受け、ご自身で判断してください。

  • クイック矯正のオール セラミックは使えるの?
    • オールセラミックには種類があり、噛み合わせや色などを考慮し、それにあった材質を選択すれば問題ありません。
      ただし、オールセラミックは透過性があるため、光を当てると土台の色が反映されます。歯の状態によってはファイバーコアが使用できない場合もありますので、十分カウンセリングで説明を受け、ご選択ください。

  • クイック矯正の土台は?
    • クイック矯正は、歯の方向を変えるために、土台は垂直ではなく角度がつくことがほとんどです。
      角度がついた土台は垂直なものに比べ強度が必要となります。
      ファイバーコアはしなりがあり、噛む衝撃による歯への負担を和らげるという利点がありますが、横からの衝撃には弱く折れることがあります。そのため、角度を大きく変える場合の土台には向きません。
      クイック矯正で、大きく方向を変える場合は金属の土台をお勧めします。

  • クイック矯正の期間はどのくらいですか?
    • 「2~3回の通院で治ります。」という歯科医院もありますが、神経の治療をした場合は、通院の日程にもよりますが、神経の治療のみで数ヶ月かかる場合もあります。また、土台やセラミックの被せものは、作製に日にちが必要です。作製日数は、種類や医院によって差がありますので、治療する歯科医院でご相談ください。

  • クイック矯正は神経の治療が必要ですか?
    • 歯の中には1~4本の神経が通っています。歯の方向を大きく変える場合は歯を削る量が多くなるため、神経まで達してしまうことが多く、そのため神経の治療が不可欠です。また、削る量が神経ぎりぎりの位置までであっても、しみる症状や痛みを伴う場合は神経の治療が必要です。
      神経の治療をした歯の根に土台をいれ、その土台に被せものをしますが、その土台の向きを理想の歯並びの位置にします。

  • クイック矯正の原理を教えてください?
    • 歯の歯茎より上の部分を削り、向きを変えた位置に被せ物をすることによって歯並びを短期に改善する治療方法です。
      大きく方向を変える場合は、その分歯を削る量が多くなるため、神経のある歯は必要に応じて先に神経の治療をします。神経の治療を終えた歯根に、向きを変えた土台を入れ、その上に被せものをします。 このように歯の根の位置は移動させることなく歯茎から上の見える部分だけで方向を変えます。

  • 「クイック矯正」で理想の歯並びなるの?
    • クイック矯正は、歯の生えている位置は変えず、歯茎より上の見える部分のみの向きや形を、被せものをすることで変える治療です。そのため、治せる歯並びに歯限界があり、全ての症例が理想通りにはなりません。
      生えている位置はそのままのため、歯の中心の位置を顔の正中の位置にしたいといことやスペースの無い位置に、左右均等になる歯を入れたいなどの希望は難しくなります。また、大きく角度を変える場合は、角度がつき過ぎると、噛んだときの衝撃で折れたり外れたりしてしまうためできません。そのような方は、一般の矯正をお勧めします。
      歯の位置や噛み合せの状態によっては、希望どおりにならないことも多くありますので、完璧じゃなくても、今よりは少しでも良くなるのであればという方は、歯科医院でご相談してみてください。

  • オール セラミックで歯並びは治せますか?
    • 回答
      綺麗な歯並びと共に、白くて綺麗な歯を求める方がほとんどだと思います。審美性を考えますと、オールセラミックが望ましくなります。
      オールセラミックには、色合いや強度などが違う様々な種類があります。
      歯並びを変えることによって起こる障害もありますので、状態や希望等を考慮しながら、種類を選択する必要があります。
      歯科医院によって扱っているセラミックの種類が異なりますので、よく確認してください。

  • 奥歯にオール セラミックはできますか?
    • 回答
      セラミックは陶材のため硬くしなりがないので、噛むときの衝撃で破損しやすい材質です。
      奥歯で使用するときは補強のフレームが必要です。
      強化セラミックをフレームに使用したものがありますが、小臼歯までの対応で、ほんの少し強度が増しただけです。
      より強度を必要とする場合や大臼歯にはアルミナ、さらに強度がありブリッジにも対応できるのがジルコニアのフレームです。
      しかし、噛む力の強い方や食いしばり、歯ぎしりのある方は、セラミックが破損することがありますので、よくご相談ください。

  • さし歯で歯並びを変えられますか?
    • 歯の根の生えている位置は変えず、歯茎から上の見える部分のだけの向きや形を差し歯にすることで変えることができます。
      しかし、生えている場所を変えないため、限界があり、全ての症例が希望通りにはなりません。場合によってはできないこともあります。
      また、大きく並びを変える場合は、歯根に向きを変えた土台を入れ、その上に被せものをするため、神経の治療が必要となります。

よくある質問(TOP)に戻る

医院情報の関連キーワード
歯並びの質問一般矯正の質問保険・保険外の質問その他の質問

ホーム>クイック矯正の質問

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional