クイック矯正の費用っていくらかかるの?という疑問を解決!

ホーム>セラミックの種類

セラミックの種類

☆メタルボンドって?

金属のフレームの上にセラミック材料を盛り、焼き付けたものです。表面は完全なセラミック素材ですので変色せず、透明感に優れております。前歯にも適しております。芯材が金属であるため、加齢とともに歯肉がやせてきた場合、金属とセラミックの境目が黒く露出してくる恐れがあります。

☆オールセラミックって?

オールセラミックは、セラミックのみで出来ていて金属を使用しないため(メタルフリー)、美しい輝きと透明感がありブラックマージンが出にくく審美修復にとても有効で、金属アレルギーやアトピーの方にも安心です。芯まで全て完全なセラミック素材でできております。芯材に金属を使用しているメタルボンドセラミックより透明度が高く、とても綺麗に審美的回復を行えます。前歯の審美的回復にも適しております。ジルコニアオールセラミックよりも強度の面で劣ります。
種類:セレックシステム、e.max、エンジェルクラウン

☆ハイブリッドセラミックって?

ハイブリットセラミックは保険の白い詰め物に使用されるレジン素材とセラミック素材の中間の素材です。レジン素材より変色しにくいという特性がございますが、完全なセラミック素材と比べると透明感にかけるという審美的欠点があり、前歯には適しません。

☆ジルコニアセラミックって?

人工ダイヤモンドとして知られている鉱物・ジルコニアを芯材に使用したセラミック歯です。オールセラミックより強度が高く、奥歯やブリッジに適しております。ジルコニアの含有量等によって以下のように様々なメーカーの種類に分けられます。
種類:

  • セルコン(Cercon) 2005年国内認可
    世界では2002年に始まり、日本では2006年秋に使用可能となった、日本最初のジルコニア・オールセラミックス。日本で最も使用されているジルコニア・オールセラミックスの一つです。
  • プロセラ(Procera) 2007年国内認可
    世界最大のインプラントメーカーであるノーベルバイオケア社が開発したジルコニア・オールセラミックス。日本で最も使用されているジルコニア・オールセラミックスの一つです。
  • カタナ(KATANA) 2007年国内認可
    セラミックスの分野では最も先進的な企業の一つであるノリタケによって開発された、国産ジルコニア・オールセラミックス。
  • ラヴァ(Lava) 2006年国内認可
    3M(スリーエム、アメリカ)が開発したジルコニア・オールセラミックス。
  • ゼノ(ZENO) 2006年国内認可
    ドイツの会社が開発したジルコニア・オールセラミックス。

オールセラミックには、フレームのないキャスタブルタイプと、金属に代わるコア材でフレーム作成するタイプがあります。強度の低いキャスタブルタイプに対し、コア材を使用することで強度が増し、臼歯部にも適応できるようになりました。フレームの作成にはプレッサブルとミリング(CAD/CAM)があり、ミリングのコア材には主にアルミナ、スピルナ、ジルコニアがあります。また、これらとは別にCAD/CAMでセラミック冠を作製するエンジェルクラウンというものもあります。

銀歯が多い理由

ホーム>セラミックの種類

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional